用途によって様々

割れたガラス

ガラスの種類で値段が変動

子供のいたずらや台風による被害等で窓ガラスが割れてしまうと、どうしたらいいか分からず困惑してしまうものです。特に住宅やオフィスでは、防犯上の心配があり早急に交換したいものです。ガラス交換にはどのような種類があるのでしょうか。まずスタンダードなタイプが透明ガラスタイプです。多くの窓ガラスに使用されており、価格も比較的安価です。単層のガラスでできており、様々な窓に対応可能です。防犯効果が高いガラスでは、網入り透明ガラスがあります。このガラスは中に編み板が入っており、万が一不審者が窓ガラスを割ろうとした際、簡単に割れないようになっています。網が入っているため、透明ガラスよりもガラス交換費用が若干高くなりますが、防犯上は安心できます。室内が見えないように加工されているガラスは、くもりガラスです。くもりガラスは主に風呂場やトイレなど室内を見せたくない場所に使用されます。透明ガラスより若干値段は高くなる傾向にありますが、室内が見えないため安心です。最近人気があるのが、複層ガラスです。複層ガラスは、一般的な単層ガラスよりも丈夫であり簡単には割れないようになっています。従って防犯には最適なタイプです。また、複層ガラスにガラス交換することで室内の暖房効率を上げる事ができます。分厚いガラスが外気をシャットアウトし、室温の急激な変動を抑える事ができます。夏は涼しく、冬は暖かい部屋に保つことができ、電気代や灯油代の節約につながります。ガラス交換には様々な種類があるため、用途に合わせて選ぶことが大切です。

Copyright© 2018 プロに任せて安心のガラス修理|光熱費が抑えられる All Rights Reserved.